上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「ワルキューレ」
 第2次大戦中のドイツで、ヒトラー政権転覆を狙って起こったクーデターの顛末を描いた作品です。
 ヒトラー暗殺計画の実行から、クーデター側によるベルリン制圧作戦の展開、そして政権側からの反撃がスリリングに展開していきます。歴史に詳しい方なら、その映像化という意味で楽しめるのではないでしょうか。
 私はこの映画だけの情報では、シュタウフェン大佐らがクーデーターを起こした理由が分からなかったのですが……。戦時を描いた作品ですが戦場の描写は少なく、兵士の無駄死にを防ぎたいというシュタウフェン大佐の意図にも共感しにくかったです。ナチスやヒトラーも、この映画の中で「悪」として描いてくれたほうが親切だったように思います。
スポンサーサイト

2009.03.31 
「007 慰めの報酬」
 ネットレビューを見てると、前作大絶賛で今回はまるで逆なのがよくわからなかったり…。お約束の007ものらしくなくても、私はよかったと思うんですけどねー。というか「お約束」あんまり知らないので、そこで減点できないのです ;-; 
 ダニエル・クレイグかっこよければ良し!

「CHEチェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙」
 見る人の、国や生まれた時代や思想信条で見方の分かれそうな映画と思いました。今日もどこかで、ゲリラの指導者が同時に、革命のヒーローだったり、テロリストだったり、山賊/海賊だったり、Tシャツの柄だったり、一人の人間するのかな?と。

「アーツアンドクラフツ展」東京都美術館
 大きく植物の描かれた壁紙やタペストリが見られてよかったです。殺風景な壁紙の家にすんでるから…^^; 後、ワインが入っているように見える、赤い彩色のワイングラスがステキでした。
 ところで、アーツアンドクラフツの後にも、アールヌーヴォーやアールデコやバウハウスが続いたわけですけれど、私たちは(少なくとも私は)殺風景な所に住んで、壁紙が白一色のオフィスに通い、四角四面なパソコンを使ったりしてるんですよねー。その一方で、田舎暮らしやロハスがはやる現代ですよと…。あ、変わってないや  ・x・;

「ポワレとフォルチュニィ」東京都庭園美術館
 ドレスに施されたビーズ、刺繍の細密さに驚かされてきました。1ミリに何針入ってるんだろうみたいな:D
 美術館自体がアールデコ建築で調度もその時代の物。音楽も展示をイメージして選ばれていて、雰囲気にひたれる展覧会でした。ファッション広告のかわいいイラストが見られたのが一番の収穫かなー。そのイラストの絵はがきとか無くて残念でした。
 残念ついでに書いておくと、展示はドレスだけだったけれど、当時の帽子や靴も見られたらよかったかなぁ。ドレス「だけ」では着られないですからね。
 あと、カフェのあんみつおいしいです ー▽ーb

2009.03.01 
「空の境界」奈須きのこ
 ずっと「ソラ」だとおもってました。「カラ」だったんですね…。
 文庫版で、出だしの上巻が盛り上がりに欠けてたのと、時系列バラバラっぽかったので、中は飛ばして先に下巻へ。下巻の最後→下巻の先頭→中巻の先頭→中巻の最後と呼んでみました。普通に読めた感じなのは構成が上手だからかも。上巻も最終章から読めば、もっと楽しく読めたかなー(上巻では解決されない伏線が多かったのです)
 世界観とキャラは楽しかったです。でも一番印象に残ってるのが、事件が終わるたびに、それ隠蔽したりもみ消したりと暗躍する名もなき人々だったり ^^;

「陰翳礼賛」谷崎潤一郎
 日本の自然環境、歴史、日本人のルックスにあった実用性なり美しさがあるはずという主張には、「あーそうそう」という感じ。無理に西洋風、東洋風をそのまま取り入れても、かえって不便でかっこ悪いってコトですよね。

「くまとやまねこ」湯本香樹実/酒井駒子
 大切な友達のことりを亡くしたくまが、やまねこに出会って悲しみから立ち上がるおはなしです。じんとくる絵本で、ストーリーや台詞もすばらしいかったです。パートナーを失ったくまに、やまねこがかける言葉がすてきでした。絵も存在感、説得力のある力強い作品です。

「100万回生きたねこ」佐野洋子
 「くまとやまねこ」読後に再読。
 百万回も生きたとらねこが、しろねこと出会って…というおはなし。とらねこの言葉、「そばに いても いいかい」がステキ。こんなこと、言われてみたいし、言ってみたい~♪
 読み返してみると、100万回生きる間に結構ヒドイ死に方をしてるんですね>とらねこ バッサリ殺伐とした書き方を厭わないところが絵本のよいところ、と思ったり。

「トワイライト」ステファニー・メイヤー
 バンパイアと人間のラブストーリーです。とはいえ、「吸血鬼ものらしさ」は薄かったような…。杭・棺桶・コウモリに狼男も出てきません! でもラブストーリーとして楽しめます。最後の方、ラブラブすぎて「はいはい、ご馳走様」だったけど^^;
 人間と吸血鬼が敵対しててドロドロの悲恋に!……なんてこともなく、続編の展開が気になります。映画も見にいかねばー。

「レッスン」五木寛之
 若い男性が年上の女性と出会って、彼女の「レッスン」を通じて成長する物語…なんですけど、そのレッスンと成長の中身が「これだけ!?」という感じ。「青年は成長して大人になる」という主張だけは伝わったかなぁ…^^; これがモノフォニックな小説かー、と納得できたのが収穫かも。

2009.03.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。