上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
WoWはメンテナンス日なので、Jigさんに誘われていたCity of Villainsの14日間トライアルを始めてみました。
一緒に遊んでくれた、しゃうとさん、アドリンさん、JigさんTHX。

インストールまでの手順はしゃうとさんの所が詳しいです。
初期クエストの中身はJigさんの所から「CoVの適当ガイド」をどうぞ。

以下、まだプレイ時間数時間だけど、最初の印象を書いておきます。

●登録~インストール
体験版用のCDキーとゲームのアカウント登録ページが別で、分かりにくかったです。

クライアントのダウンロードは時間かかりましたXD
お約束でパッチのダウンロードもあって、準備で結構待たされます。
あと、インストールするドライブが選べなくて(?)、Cドライブに自動で入りました(体験版だけ?)。
ハードディスクは空けておいた方が良さそうです。

●キャラクタメイキング
体型から服装まで細かく作れます。
これだけでもかなり遊べますねー :D

「種族や職業である程度見た目が決まる」ということがありません。
自由度が高い分どういう風にするか考えておくか、モデルがないと決められないかも^;
私は迷ったので、ランダムでいろいろ見て、良さそうなのを元に作りました。
SSの撮り方を聞き忘れたので写真無しです^;

ゲームがはじまると、キャラクターが何もしていないときに、腕を組んだり腰にこぶしを当てたり、ヒーローっぽいポーズをします。
ポーズを決める集団は、見てておかしかったですlol

●チュートリアル
最初の刑務所から外に出る一連のMissionで、基本的な遊び方の説明があります。
ここでもうグループが組めるので、分からなければ詳しい人と一緒にスタートできます。

刑務所の中は雰囲気のある絵です。現代(なのかな?)が舞台のMMOは初めてで新鮮でした。
Missionに関係のあるNPCは足下に黄色いマークが付くのと、MAPとコンパス(自分が向いている方向が分かる)に位置が出るので、ソロでも迷わずに進められると思います。

●チュートリアルの後
チュートリアルの後は少しMissionをしてみました。
このゲームでは、グループにいる人のレベルを一時的に上げることができるので、Lvの差があっても遊びやすいです。

Mission中は移動や敵の出現に合わせて音楽が鳴ります。
これが映画みたいな雰囲気が出て、いい感じでした。
Tabでターゲットを選んで、キーボードのキーを押してスキルを使って攻撃します。
マウスでタゲるのは苦手なので、やりやすかったです。

魔法はヒールが一番派手でしたlol
Lvが上がれば攻撃魔法も派手になるそうです。

エモートコマンドがいろいろあって、楽しかったです。
ダンスも複数種類あって、ダンスのコマンドを入れるたびに違うダンスになります。
エモートでラジオを出して、音楽を聴きながらダンスすると雰囲気が出ますねー ♪
あと、新聞を読むコマンドで、派手な見た目のキャラクタが新聞を読むのがおかしかったです。

●操作とか
戦闘は、上にも書きましたが、特に違和感もなく楽しめました。
グループの人数が増えると敵も増えるそうなので、LVが上がれば派手な魔法が飛び交うことになりそうです。

キャラクタの方向変更と横移動のキー、カメラの上下移動の操作が初期設定ではSWGやWoWと逆でとまどいました。
キー設定はMissinをはじめる前に変えた方が良さそう。
洞窟でMissionをしている時、思った方向と逆に視点を動かしてしまって、あまりゲームで酔わないのだけど酔いそうでしたT-T

ちょと困ったのがWindowモードがない(?)ことです。
ALT+Tabでバックグラウンドのウィンドウを選択できるのですが、
ゲームの解像度とデスクトップの解像度が違って、隠れるウインドウがあって不便でした。
これも設定次第かと思うので、変更して試してみます。

●英語のこと
英語版のゲームですが、そんなに難しい英語ではないです。
そうそう、日本語も普通に入力/表示できます。
スポンサーサイト

2006.05.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。