上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「007 慰めの報酬」
 ネットレビューを見てると、前作大絶賛で今回はまるで逆なのがよくわからなかったり…。お約束の007ものらしくなくても、私はよかったと思うんですけどねー。というか「お約束」あんまり知らないので、そこで減点できないのです ;-; 
 ダニエル・クレイグかっこよければ良し!

「CHEチェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙」
 見る人の、国や生まれた時代や思想信条で見方の分かれそうな映画と思いました。今日もどこかで、ゲリラの指導者が同時に、革命のヒーローだったり、テロリストだったり、山賊/海賊だったり、Tシャツの柄だったり、一人の人間するのかな?と。

「アーツアンドクラフツ展」東京都美術館
 大きく植物の描かれた壁紙やタペストリが見られてよかったです。殺風景な壁紙の家にすんでるから…^^; 後、ワインが入っているように見える、赤い彩色のワイングラスがステキでした。
 ところで、アーツアンドクラフツの後にも、アールヌーヴォーやアールデコやバウハウスが続いたわけですけれど、私たちは(少なくとも私は)殺風景な所に住んで、壁紙が白一色のオフィスに通い、四角四面なパソコンを使ったりしてるんですよねー。その一方で、田舎暮らしやロハスがはやる現代ですよと…。あ、変わってないや  ・x・;

「ポワレとフォルチュニィ」東京都庭園美術館
 ドレスに施されたビーズ、刺繍の細密さに驚かされてきました。1ミリに何針入ってるんだろうみたいな:D
 美術館自体がアールデコ建築で調度もその時代の物。音楽も展示をイメージして選ばれていて、雰囲気にひたれる展覧会でした。ファッション広告のかわいいイラストが見られたのが一番の収穫かなー。そのイラストの絵はがきとか無くて残念でした。
 残念ついでに書いておくと、展示はドレスだけだったけれど、当時の帽子や靴も見られたらよかったかなぁ。ドレス「だけ」では着られないですからね。
 あと、カフェのあんみつおいしいです ー▽ーb
スポンサーサイト

2009.03.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。