上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ウオッチメン」 
 原作を知らなくても楽しめましたが、第2次大戦後~80年代くらいまでのアメリカ文化史や政治史はさらっと目を通しておくとより楽しめると思います。何しろ東西冷戦を背景に、ニクソン大統領の3期目が舞台の映画ですからw

 ヒーローが活躍する世界だけど、彼らが単純に「弱きを助け強気を挫く」ではないところがこの映画のおもしろいところでしょうか? ヒーローたちは「正義のために」戦っている。けれど、それは「誰のためのどのような正義か?」と問いかけられているように思いました。

 映像面ではダークで緻密な画面が印象的でした。画面の隅の新聞の見出しや、看板にもパロディがいっぱいなので見逃さないようにするのが大変かも。デジタル上映の映画館とかで見てみたいですねー。
スポンサーサイト

2009.04.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。