上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
 セカイカメラを起動して、新宿3丁目の辺りから西新宿の都庁まで歩いてみました。
 その感想。

 現実の風景にタグが重ねて表示されるのはちょっと未来っぽかったです。甲殻機動隊とか虐殺器官の世界が垣間見えました。

 でも、エアタグが雑居ビルの名前とか、見知らぬ人の写真ばかりなのは、あまり楽しいとは思えず。
 むしろ街の中という人口空間には、すでにビル名、看板、標識といった「タグ」が溢れかえってたんだなぁと再認識。。
 セカイカメラは見知った都会より、知らない外国とか自然の中の方が役に立ちそうですね。

 あとは実用性を考えずに、エア落書きとか、エア地縛霊とか、勝手に「私たちの記念の場所です」みたいなタグがいっぱいあっても楽しいかなぁ。
 お金がらみのCMタグだらけっていうのも退屈そうだし。

 面白いと思ったのは、都庁に着いていたタグで、向かいの京王プラザホテルあたりから撮影されたらしいこの↓写真。



 私は都庁前の地上にいるのに、高いところから見た景色が見えるのは新鮮でした。今いる場所から、高さや時間をずらして見えるタグも楽しいなぁ。「ここの夜景はこんな感じ」みたいな。
スポンサーサイト

2009.09.25 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。